>

食材に火を通す際に活躍する調理器具

鍋のお手入れ方法

鍋の素材はステンレスやホーロー、土鍋、アルミや鉄があります。鍋はカレーやシチュー等で使うと長時間火にかけるのでどうしても焦げ付きます。焦げ付いた鍋をそのままにしてしまうと焦げがはがれにくくなって長く使っていく事が出来ません。
焦げ付いた時は重曹を使って火にかけると良いでしょう。水1リットルに対して小さじ1杯程を目安にします。焦げ付き具合に合わせて重曹の量は調節して下さい。
火にかけて沸騰したら粗熱が取れるまで待ってから(火傷に注意して!)スポンジ等でこすると落ちてきます。後は洗剤で洗いましょう。
焦げ付きが強い場合は直接重曹をふって、布巾等でこすってから火にかけると効果的です。
ただしアルミ鍋に重曹は向きません。アルミ鍋のお手入れにはお酢やクエン酸を使って火にかけると良いでしょう。鉄鍋は使用後、たわしで汚れをこすり取った後、火を通して乾燥させます。油をなじませたら次回の出番に備えましょう。

フライパンのお手入れ方法

フライパンの素材はフッ素加工、テフロン加工、鉄、ステンレス、セラミック等があります。セラミックやフッ素加工、テフロン加工はCM等でも良く見る様に食材がまとわりつかずお手入れも楽なものが多いです。
気を付けたいのはフッ素加工は食材が長く入っているとその溝に食材が入り込んでしまう事です。長く食材を入れておくのは避けましょう。調理後は熱が冷めてしまう前にソースや油等がついていれば予め取り除いてから洗剤で優しく洗います。
鉄は鍋の時と同様に洗剤は使わずにお手入れをします。油がなじむほどに食材のくっつきが減りますのでお手入れ後に油をなじませるのを忘れずに。
ステンレスは焦げ付きやすく、又、洗う際にこすり過ぎると傷つきやすい素材です。使い終わったら熱が取れる前に湯で洗い流して洗剤を使って洗います。付いてしまった焦げ付きは無理にこすらず鍋と同様に重曹を使って火にかけて取りましょう。


この記事をシェアする